私が試した効果抜群の便秘改善の4つの習慣を大公開!

このページでは、便秘改善のための4つの習慣をご紹介しています。

 

これらの方法は、実際にわたしが試したものをこのページでご紹介しています。
ダイエット効果が抜群のものを試したので、もし良かったら参考にしてみてください。

 

便秘にはいろいろな種類があって、その種類ごとに便秘になってしまう原因や対処方法も変わってきます。
このページでは、運動や食事などといった、日常の何気ない場面で行える便秘改善の習慣を4つ見ていきたいと思います。

 

運動不足の解消で便秘を改善

便秘改善には運動不足を解消することが大切になります。

 

それは、腹筋が衰え、いきむ力が弱くなってしまう他、大腸の位置がだんだんと下がり、そうなると腸の働きが弱まってきてしまうんです。

 

⇒その結果、蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱くなってしまい、便秘の原因になってしまいます。

 

腹筋を鍛えるというと腹筋運動を思い浮かべると思いますが、大腿筋から腹筋のつながり全部を鍛えるのが大切なので
実際には毎日30分のウォーキングを行うと良いでしょう。

 

ダイエットのために消費カロリーを増やしたい方は、歩く時間を長くしましょう。
有酸素運動のためには息切れをしないペースで、歩幅を大きく背筋を伸ばして歩くようにしましょう!

 

ストレスをためない

便秘の種類とその原因・改善方法←ここにも書いてあるように、ストレスがたまると、自律神経のバランスが徐々に乱れて、腸や胃などの内臓の機能がみるみるうちに低下していきます。

 

内臓の働きが低下すると、運動不足の時と同じようにぜん動運動が活発に行われなくなって、便秘の原因となってしまいます。

 

ストレスをためないようにするには、どんなことでも良いのでストレス発散ができる自分に合った方法を見つけましょう!

 

ちなみにわたしの場合は『一人カラオケ』に行くことがストレス発散になっています。

 

管理人は30過ぎの女なので、一人カラオケを始めたころは勇気が要りましたけど、
慣れてくると思いっきり声を出して、消費カロリーも上がります。
腹筋を使うので便秘解消になるのでおすすめですよ。

 

食物繊維を意識して摂る

よく、便秘には食物繊維を豊富に摂るようにと言われますが、食物繊維には種類があります。

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

便秘のタイプによって、どちらの食物繊維を摂るべきかも変わってきます。

 

あなたの便秘タイプに合った食物繊維を、積極的に摂って行きましょう。

水溶性食物繊維が摂れる食べ物

⇒これは水分に溶ける食物繊維で、特徴としては腸内の水分を巻き込んでゲル状に形を変えていきます。
この食物繊維に効果のある便秘タイプはけいれん性便秘、直腸性便秘です。

 

けいれん性便秘や直腸便秘は下腹部に痛みを感じるのが特徴です。

 

エシャロット、にんにく、大麦、かんぴょう、ごぼう、あしたば...etc

 

不溶性食物繊維が摂れる食べ物

こちらはさっきと違い、水に溶けず、逆に水分を吸収して膨張する特徴があります。

 

この繊維は腸のぜん動運動を促進する働きがあります。この食物繊維に効果のある便秘タイプは弛緩性便秘です。

 

弛緩性便秘の症状は、便が固くなります。
また、肌荒れも起こしやすく、下腹部の張りが起こるのでつらい便秘です。

 

弛緩性便秘の主な原因は、ダイエットや運動不足による筋力低下、水分不足といったところが挙げられます。

 

いんげん、とうもろこし、ひよこ豆、きな粉、あずき、きくらげ、干ししいたけなどに豊富に含まれています。

水分不足を解消すること

水分不足を解消すると、便秘が改善されやすくなります。

 

なぜかというと、女性が便秘になりやすい原因として、ホルモンバランスの変化で身体の水分が奪われやすかったり、
その逆に、体内に水分をため込んでしまうのですが、その水分も本当は腸に行きわたるはずのものであったりするのが問題です。

 

特にプロゲステロンは、便秘の原因になりやすいんですよ。

 

便秘に良くない食べ物はやめること!

便秘に良くない食べ物というのがあるのはご存じですか?

 

特にコーヒーと紅茶はカフェインとタンニンが多く含まれています。
カフェインは適度に摂るには休息になりますが、摂り過ぎると自律神経の働きを乱す原因になります。

 

また、タンニンは腸内で宿便を固くしてしまう作用があります。そのためウサギの便のようなコロコロのうんちになってしまいやすく排便の妨げになります。

 

⇒タンニンとは、柿や赤ワイン、コーヒー、紅茶、緑茶などに多く含まれています。これはポリフェノールの一種なのですが、下痢止めの薬の成分になることもあって、便を硬くする効果がありますので、便秘の時はNGです!。

 

冷たいものは控えよう

体を冷やす食べ物を食べることで、下痢はもちろん便秘を引き起こすことにもつながります。

 

それはなぜか、胃腸などの内臓が冷えてしまい、内臓の本来働きが劇的に低下するからです。。

 

*冷え性の方に便秘が多いというのも、内臓が冷えていることが関係していることが多いです

 

もしも肉を食べるなら野菜は多めに摂りましょう!

肉は、野菜などに比べると圧倒的に消化に時間がかかります、そして腸に負担をかけてしまいます。さらには野菜や水分が足りないと、肉が腸内にたまりやすくなって、腸内に悪玉菌が増えるので、腸内の環境がどんどん悪くなっていきます・・・。

 

肉を食べた分だけ、食物繊維や水分を十分摂るように心がけるのがポイントです☆

 

ジュースクレンズダイエットが便秘改善に効果的!

あなたはジュースクレンズダイエットというダイエット法をご存知でしょうか?

 

先ほど、食事のバランスが悪い無理なダイエットをすることで便秘に繋がるというお話をしました。

 

便秘改善にとても効果があって健康的なジュースクレンズダイエットが今都内を中心にかなり話題になっているんですよ♪

 

ジュースクレンズダイエットは、水分不足も改善できますし、腸の蠕動運動を司る生体エネルギーの酵素(タンパク質)を補給できるジュースを使います。

 

また、水分補給をこまめに行うので、弛緩性とけいれん性、