昼食と夕食を食べて痩せる方法|酵素ダイエットのメリット

酵素ダイエット中の方、朝に酵素たっぷりの生ジュースを飲んだら、後は昼食と夕食をどうするかです。

 

酵素栄養学では、昼12時から午後8時は『栄養補給と消化の時間』と言われています。
ダイエット中だからこそ、ここで質の良い栄養をしっかりととらなければなりません!

 

でも今の時代、質の良い栄養を毎日きちんと取る事は、時間も手間もかかってとても大変。

 

そう思っている方は多いではないでしょうか?

 

そこで新しいルールとして、

  • ジャンクフード以外は好きなものを食べてOK
  • 早食いなど悪い食べ方をしなければOK
  • できれば野菜とお肉、お魚が揃った定食メニューがGOOD!

このような理想を持ってお昼のお食事を楽しむようにするのはいかがでしょうか。

 

先程言った、悪いものというものは高脂肪または高たんぱく質の料理、または悪い油を使っている料理、白砂糖たっぷりのお菓子などのことです。

 

悪い食べ方は・・・

  • サラダなどの生ものを食べない
  • 早食いする(良く噛まない)
  • 食べ過ぎてしまう

これらの3つです。

 

これらを頭に置いてメニューを選んだりすることで消化酵素を減らしてしまう心配もありません。

 

なるべく生もの(サラダなどの)を中心にいろいろな食材をバランスよく食べるようにしてください。
また気心の知れた友人や家族と一緒に楽しく食事をすることも大切です。
普段、毎日の仕事中のお昼休憩なら、職場の同僚でも仲が良い人と昼食と夕食をとるのが良いと思います。

 

また恋人がいれば恋人とお食事を楽しむと言うのも良いでしょうね。
とにかく先ほどご紹介したような悪い食べ方には注意すべきです。

 

昼食と夕食を好きに食べて痩せる酵素ダイエットの方法と言うのは、やはり食べ方を注意するということです。
加えて、夜食や朝食などどちらか片方でも構いませんので、酵素ジュースを使って置き換えダイエットをすると良いでしょう。

 

酵素ジュースは、野菜や果物、野草等の植物性原料を中心とした素材を頭の力で発酵させたジュースです。
ですので低カロリーでありなおかつ、植物性タンパク質を豊富に取ることができるという特徴があります。

 

これらの酵素ジュースの特徴を使えば、昼食もしくは夕食は好きなように食べながら健康的に痩せていくということもできるんですね。

おすすめ酵素ジュース

お勧めの酵素ジュースは最近では、消化効率を最大限にするために酵母菌の力を使った発酵させている昆布茶と言う酵素ドリンクが流行しています。

 

この昆布茶はとても話題になっている酵素ジュースの1つで、通常の酵素ジュースが糖分の力で野菜や果物、野草など発酵させているのに比べて「生きている酵母菌」を使って熟成発酵を進めています。ですので、糖分を使っていない分だけとてもヘルシーで低カロリーに仕上がっているものが多いんですね。
ここ最近の昆布茶の流行を見ると、これから先酵素ジュースよりも昆布茶がダイエットの主流になるんじゃないかなとも思えるほどの勢いがあります。

 

またこうした昆布茶の特徴としては、消化酵素の働きを疲弊せずに済む乳酸菌やビフィズス菌、さらにそれらを継続的に育てていくオリゴ糖や食物繊維なども取れることなんです。
さらに、結果の中を流れる血液をサラサラにする働きを持っているポリフェノールなども一緒にとることができる昆布茶があり特に血圧が高い方や貧血気味の方にはとてもオススメなんですよ。
血液の質を上げてくれることと健康的な血流を確保することが貧血の予防につながります。もちろん鉄分やその鉄分の吸収を助けるビタミンCも一緒に取らないといけませんが、そうすることで酵素ダイエットをただ痩せるだけの酵素ダイエットではなく昼食や夕食は好きに食べつつ、
なおかつ酵素ジュースを使って理想的なプロポーションを作りながらなおかつ健康になるといったこともできるようになるんですよ。