マスタークレンズのためのレモネードレシピと飲み方公開中!

このページでは簡単なレモネードレシピと、
マスタークレンズのやり方の説明を簡単にまとめています。

 

では早速見てみましょう!

マスタークレンズで使えるレモネードレシピ

  1. 生のレモンまたはライムの絞り汁大さじ2杯
  2. (できればオーガニック・無農薬有機栽培ものがあればベスト)

  3. オーガニックのB又はCグレードのメープル・シロップ大さじ2杯
  4. (Aグレードは精製されすぎていて、ミネラルに欠けるので注意です)

  5. カイエン・ペッパー適量
  6. (カイエンペッパーとは“トウガラシ”のこと)

上記3つを300〜500ccの常温のお水に混ぜて、出来上がりです♪

マスタークレンズのやり方

マスタークレンズは、先ほどご紹介したレシピのレモネードを飲んで、断食を行うデトックスダイエットプログラムです。

 

マスタークレンズが話題になった理由は、
海外セレブの『ビヨンセ』が、映画の撮影スケジュールに間に合わせる身体づくりのために行ったことです。

 

話題になった当時(2006年)では、かなり注目されたダイエット方法でした。

 

また、レモネードを飲むだけではなく『塩水洗浄』という毎朝飲む『血液と同じ塩分濃度の水』で腸内洗浄を行うことで宿便もすっきり排出します。

 

この塩水洗浄のことを『ソルトウォーターバッシング』と言います。

 

洗浄用塩水の作り方・飲み方

塩水洗浄のための塩水のレシピをご紹介します。

  • 天然塩=小さじ2杯10mg
  • (天日塩や赤穂の甘塩が有名です)

  • レモン汁(レモン半個分)
  • (レモン汁は作り置きではなく直前に絞ったもの)

  • 常温のミネラルウォーター=1クォート(950ml)
  • (1リットルのミネラルウォーターでも大丈夫。ただし必ず常温で)

こうして作った塩水をマスタークレンズ中の2日目の朝に“できるだけ一息”で飲み干します。
できれば、一気飲みが理想的ですが、これはなかなか難しいので、合間にトイレに行ったり時間を置かずに飲むという認識で大丈夫です。
塩水洗浄をすることで宿便や老廃物の排出に差が出ますよ。

 

ただし、塩水洗浄で腸内が空っぽになると、その後のレモネードを飲んでいる時の『空腹感は半端ではない』というデメリットもあります。

 

インターネットで『ビヨンセ マスタークレンズ やり方』で検索すると、メリットだけを紹介しているサイトがたくさん出てきます。

 

空腹感をあまり我慢しすぎると、確かに老廃物は排出されますが、
本当の意味で『基礎代謝を維持しながらきれいに痩せる』という目的からは離れてしまうという『本末転倒』になってしまう可能性もあるということは忘れないようにしましょう。

レモネードを飲む量

これを1〜2時間ごとに飲みます。
もしも時間通りでなくても、『おなかが空いたな〜』と思ったらどんどん飲みましょう。

 

2日目からダイエット最終日まで、一日目の繰り返しです。

 

塩水洗浄は毎日するのが、好ましいけれど、仕事や学校の都合で無理ならば、必要に応じて回数は調節するようにしましょう!

 

レモネードダイエットを続ける期間はどのくらい?

10日間やると効果が抜群らしいです!
(ビヨンセは1週間で-7kgだったそうです)

 

最初の2日間が一番辛いですが、5日間くらいなら誰でも継続出来ると思います。

 

ちょっと荒業ですが、短期間で一気に周りと差をつけられること待ちがいなしとのことです。