正しい水の飲み方と量やタイミング

 

水を飲むダイエットがありますが、実は水をやみくもにたくさん飲めばいいというものではないんです。
早速、飲み方の3つのポイントを簡単にご紹介します♪

 

1⇒1日に大体1.5L飲むのが理想的としており、1回に大量に飲んでしまうのではなくちょこちょこと分けて飲む方が効果的です。

 

2⇒常温で飲むというのがポイント。冷たい水は体を冷やしてしまいますのでダイエットの際にはあまりよくないです。

 

3⇒朝、起きてすぐに水分をとるというのもオススメです。睡眠時にかなりの水分が失われています。起きて体に水を入れてあげることで目もしっかりさめ臓器も動きだしますし、血液をサラサラにしてくれるという効果もあります。なので美容効果もUP♪

 

タイミングと量に気を付けて効果アップをめざしましょう!

 

水を飲んで得られる効果をさらに詳しく紹介します↓

 

デトックス効果・ダイエット効果
⇒体に水分が十分に入っていると、体内の循環がよくなって老廃物がどんどん体外に排出されていきます。こうして循環がよくなるということは新陳代謝もよくなり、ダイエット効果につながるというわけです。

 

便秘解消効果
⇒水を飲むと、便がやわらかくなりスムーズにでるようになるんです。さらに、朝飲むようにすると胃や腸が活発に動き便秘の解消になります。

 

美肌効果
⇒水を飲むことで肌の新陳代謝が良くなると書きました、そうなるとよくなりツヤやハリがでてきます。逆に水分不足になるとシワやくすみがでてきてお肌によくないんです。。
体の水分を満たして内部からキレイになりましょう♪

 

水を飲みすぎるとどうなってしまうのか

 

 

血液=水分ではあるのですが、もちろん水分はあらゆる栄養分も運んでくれます。例えば胃でしょうかされ、腸で吸収された栄養は血液に入って体内にめぐります。さらに老廃物をそれぞれの部分から押し出してくれる効果も血液を使ってやることです。

 

ここで少しイメージしてもらいたいのですが、

 

血液中の水分量が増えるとどうなると思いますか?

 

簡単に言ってしまうと、血液が薄まるという状態になります。血液が薄まるとどうなるかというとその分栄養分も分散してしまいます。

 

血液中のナトリウム濃度が低下してしまい、どちらかというと良い状況ではありません。そして、ナトリウムの過剰摂取は血管に負担がかかるとされているから避けるべきなのですが、逆にナトリウムが薄くなってしまうことでも他の弊害を生じてしまい、最悪の場合は死に至る恐れもあります。

 

さすがに死に至るというのはなかなかない話ですが、ナトリウムの濃度が低下してしまうのは怖いものがあるんです。

 

だからこそ、ダイエットに意気込むのはいいですが、水を飲むときのタイミングや飲み方をしっかりと気をつけた上で水ダイエットに取り組みたいところですね!