胃を休ませてますか?効率よく健康なダイエットの方法特集

私たちの体を効率よく、なおかつ健康的にダイエットさせていくためには、胃の動きがとても重要になります。

 

私たちが眠っている間すらも休みなく動いている胃は、食べた物の消化と吸収、代謝などのありとあらゆる働きを行ってくれています。

 

ですが、胃というのは、そこまでタフなものでもなく激しく動きすぎると、疲れ果てて機能が低下してしまうことがあります。
そうなると体の循環が鈍ってしまい、ダイエットに悪影響が出てしまいます。

 

そのため、効率よく健康的なダイエットを目指すのであれば、きちんと胃を休ませる事は必要不可欠とも言えるんですね。

 

私たちの内臓は、私が眠っているあいだも、無意識のうちに休みなく働いています。そうして休みなく働いているときに食べたものの消化と吸収、代謝という働きをしてくれているのです。

 

ですが、いつも食べていると、内臓は働くことをしすぎて、場合によっては過労を起こしてしまい、病気になってしまうこともあるんです。

知らなきゃ損!胃の基礎知識

胃とは体の中の消化器官の一部であって、食道に続く部分が膨らんで、器官としての機能を持つものです。

 

ここでは食べ物を一時の間蓄えることができて、食物の消化を行うことができる食物の消化を行う臓器です。

 

発達した筋肉で包まれるようになっていて、胃の表の皮には、分泌細胞があって、消化腺もあります。

 

ではそんな胃にいいこと等されることを順番に紹介していくのでチェックしてくださいね♪

 

咀嚼(そしゃく)

胃腸の調子が悪い方や、重病の方が摂取する習慣は広く行われていますが、これはかえって硬いご飯をよく噛んだ方が、その方が衛生的には良いとされています。

 

それはなぜかというと唾液が重要だからです。

 

咀嚼を充分にしていないとどうなるかというと、まずは胃腸の負担を倍増させてしまうのです。

 

よく噛まないで食べ物をダイレクトに胃腸に送り込んでしまうことによって胃腸への負担が倍増するので体に良くないんですよ。

 

リラックス

胃腸という消化器官は、リラックスしている時によく動いてくれるものです。

 

リラックスが胃腸には良いとされるため、逆を言うとストレスを受けている状態は胃腸に対してあまり優しくはありません。

 

胃腸を始めとした内臓の働きは、体の中に2つある自律神経のうちの、副交感神経(体を楽にさせてくれる神経)が管理しています。

 

なのでリラックスしていないと動きが悪くなってしまうんですよ!

 

睡眠

睡眠不足に悩んでいませんか?

 

実は睡眠不足も胃腸を荒らす原因となってしまいます。

 

睡眠とは、ストレス解消法としてもとても有効なので、毎日十分に睡眠時間をとるように心がけることが胃腸にとって優しい気遣いとなります。

 

眠っている間は胃腸の機能が修復されていきます。

 

逆に睡眠不足だと胃腸が荒れてしまう原因となってしまいます。

 

もしも寝不足の状態だと、胃よ粘膜からグレリンというホルモンが過剰に分泌されてしまって、その影響で胃腸が荒らされてしまいます。

 

発酵食品を必ず食べる

発酵したものといえば、納豆や漬物や味噌やヨーグルトが王道ですね?

 

発酵した時点でタンパク質が分解されているため、そのまま消化に役立たせることができます。

 

さらに言うならば乳酸菌という胃腸に良い菌を豊富に含んでいるため良いとされています。

 

腹八分目

普段私たちが食べたものは、胃腸によって消化や吸収をされていますね?

 

量が少ないほどその効率は良いとされます。

 

なのでいちどにたくさんの色事を詰め込むことによって、胃腸が入ってきた食べ物を処理しきれずに負担がかかってしまいます。

 

ここで重要なのが少なめの量を数回に分けて摂取することです。

 

逆にお腹いっぱいになるまで食べる習慣を持っている方は、胃腸へのストレスがとても大きくなってしまいます

 

決まった時間に食べる

食事の時間があまり決められていなかったり、夜遅い時間に食べるなど、特に寝る直前に食事をとるような行為は胃腸に過剰な負担をかけることになりかねません。

 

内臓とは毎日リズムを刻んで動いています。

 

そのリズムを狂わせてしまうことで当然弱りやすくなってしまうのです

 

人間には本来、昼間に働いて夜は休むという習慣がありますね?

 

これは単なる習慣ではなく体内リズムと一体化されたい様なのです。

 

このリズムが実際に健康や特に胃腸のためにはとても重要なのです。

 

胃を効率よく休ませる呼吸方法

@両手を重ねておへその下に起きます、意識をそこに集中させましょう。

 

A背筋を伸ばして尖らせて細長くい口にした口を細長く吐きます。

 

この時に体の上半身の力を抜いて頭を天から糸で吊るされているような気持ちで行いましょう^^

 

B息を吐き終えたら、次は鼻から息を吸うのですが、息は自然に入ってくるのに任せましょう。

 

胃腸は自律神経ともとても深い関係があるポイントです。呼吸方法がとても効果的ですよ。

 

ツボ

これは胃もたれやげっぷ、胸焼けといったような症状がある時には足の膝下のところにある三里というツボを押すのが効果的です。

 

ただし足三里は、胃酸の分泌を促してくれるツボなので、胃酸過多の方は、制酸効果のあるツボを押すと良いでしょう

 

中かん、、両手の中指を重ねて中かんに抑えていきます。

 

ゆっくりと息を吐きながら圧を加えていきますよ。逆に息をするときには圧をゆっくりととっていきます。

 

これを10回繰り返してください

 

食べ物

消化酵素にはデンプンを分解するものや、タンパク質を分解するものだったり、または脂肪を分解してくれるものがありますが、この光を兼ね備えているものが納豆です。

 

納豆には栄養豊富な面もあるばかりか、これ以上に涙を見ない優れた消化剤があるのです。

 

古くから伝わるスーパー健康食品と言われています。

 

胸焼けや空腹時の胃痛の場合は、コレを中和するにはアルカリ性のカルシュームを多くとることが効果的です。

 

これはかきやわかめ、昆布に多く含まれています。

 

カルシウムには生産作用があります。

 

お年寄りだったりいが弱っている方には、アロエやニンニク、ペパーミント、生姜、シソ、梅、らっきょう、ビール酵母など。

 

香辛料にはおおむね胃酸を分泌させる作用があるのでお勧めです。

 

または昔から胃の動きをよくする食物として、キャベツや長芋がオススメされています。

 

これらの食材は優しくて、胃が痛む時などの症状も緩和してくれます。

 

運動も胃を休ませるポイント

運動によっては、全身の血流循環を促進したり、胃液の分泌を活発にしてくれたり、胃酸の機能を高めてくれるものもあります。

 

ただし過激な運動には胃の負担を増やしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

軽いウォーキングには胃液の分泌を促すので、疲れて胃が弱った人も消化効果がアップして、運動した後に食事がおいしく食べられるようになります。

 

出来れば避けたい胃に優しくない習慣

冷たい物は胃に優しくないので控えましょう!

 

冷たいものが胃に入るとどうなると思いますか?

 

胃というものは収縮します。 

 

言ってみれば緊張ですね。

 

そうして胃が緊張することによって、胃の血管壁も同時に収縮していきます。

 

つまり、水分を受け付ける体勢ではなくなってしまうのです!

 

なので緊張させるのはよくありません。。

 

身体の消化器は、温度が37〜38度ぐらいの時が最もよく働くというデータがあります。

 

なのであまり温度が下がると、その働きが圧倒的に落ちていき、消化不良を起こしてしまうのです。

 

アルコール・たばこも胃に優しくないので控えましょう!

 

アルコールは胃壁を刺激する作用もあります。

 

なので当然胃に負担がかかってしまいます。

 

胃に負担をかけてしまうので飲みすぎないことがなにより重要です。

 

喫煙に関しては胃の血行を阻害して、胃腸の病気を引き起こすもととなります。

 

そして喫煙は、呼吸器だけでなく、胃にも直接的影響があります。

 

まさにたばこは百害あって一利なしですね!!

 

飲食物でも刺激の強いものはNG

もしも胃が荒れたときは、脂っぽい食べ物や、または硬いものなどは消化しにくいので避けるようにしてください。

 

塩辛や漬け物などのような塩分を多く含むものや、逆にようかんやチョコレートなどの甘いものすらも胃の粘膜を刺激しますので注意が必要です。

 

改めて書きますが、あぶらっこいもの・甘いものは控えましょう!

 

ついでに、コーヒーに含まれているカフェインには、胃液の分泌を促進する効果があります。

 

なので特に空腹時に胃液が分泌することで胃液粘膜の炎症を起こしやすくなる原因になります!

 

便秘も注意!

以外にも便秘もNGです。

 

便秘は食欲不振を招くおそれがあり、同時に発がん性物質などの粘膜への作用を強めてしまう危険があるので、まずは便意を我慢せずに正しい排便習慣を身につけることが大事です。

 

ただし、食物繊維の摂り過ぎは、胃に負担をかけるので、気をつけてください。

 

毎食必ず適量を摂ることが大切です。

 

休肝日を作ることはダイエットをする上でとても大切なこと

お酒に関しては、「休肝日」ということが言われたりしますが、食事もそれと同じで、胃腸を休ませるということが実はとっても大切なんです!

 

特に夜の食事は内臓を疲れさせると言われているため、夜に暴飲暴食をしてしまうと胃にかなり悪いです・・・。

 

そうして長い間働かせてしまった胃も、しばらく食事を摂らず、内臓を休めてあげることで、だんだんと修復をし始めるんです。

 

その時間が普通は夜なのですが、私たち人間は夜も食事をします。

 

しかし健康のためには、夜には胃腸に物を入れないということが大切になります。

 

特に、油もの、肉などの脂は胃腸に負担がかかるので、消化まで時間がかかるとい言われています。

 

(*理想としては、寝る前3時間には食事をしない方がいいのです)

 

食事の鉄則|良く噛んで食べること!

そうすることで唾液で消化し、その後、胃腸でさらに消化ができるようになります。

 

さらに胃腸のために何かをするならば、消化のいいもの、でんぷん質を取るようにしてみましょう。

 

また、胃腸には噛むことも大切ですが、鮮度の高い野菜を食べることで胃腸を強化できると言われています。

 

そうして胃腸に優しい食べ物を食べたり、時には内臓を休ませるということは結果として、ダイエットに大きく影響してくるので実践していきたいですね♪

 

鮮度の高い野菜を効率よく摂る方法

ここでご紹介するのが、、コールドプレスジュースで鮮度の高い野菜を摂るという方法です。

 

これはダイエット法でもあり、アメリカの海外セレブたちがこぞって始めたもので、それが日本に渡ってきてローラをはじめ、多くの人気モデルたちも取り組んでいるもの。

 

このページでは胃を休ませることについて書きましたが、このコールドプレスジュースというのは、まさに胃を休ませている最中に補給するもので、胃を休ませている間にコールドプレスジュースを補給して、胃を休ませながら胃を強化してくれます!

 

コールドプレスジュースダイエットを知りたい方はこちらのページでご覧になれます♪

 

⇒コールドプレスジュースダイエットの詳細はこちら♪