猫背の人は太ってる?痩せてる人は姿勢が良い?姿勢とダイエット


思い返してほしいのですが、姿勢が良い人は痩せている人が多くありませんか?

 

実は背筋をピンと伸ばすだけでも、お腹のあたりが締り、下腹ダイエットができちゃうんです♪

 

習慣づけて姿勢を伸ばすだけで基礎代謝もアップするし、背中や下腹の筋力もアップして結果お腹周りを引き締めてくれるという効果だってあるんですよ♪

 

あと、背筋が伸びているとなんだか気分も軽くなりますよね^^

 

猫背を楽に矯正するための2つのポイント

先ほども少し書きましたが姿勢を正しくして美しい姿勢をキープすることで下っ腹の締まりを良くして下腹部のダイエット効果が望めます。

 

最初に猫背を矯正するためのポイントを2つ書きます↓

  1. イスに深く腰掛ける
  2. 首を前に傾けない

このような2つのポイントがあるのですが、この時に姿勢だけではなく『呼吸法も意識する』とパーフェクトです♪

 

呼吸法は、『お腹を引っ込めて胸を張って大きく呼吸する』というものです。

 

呼吸が浅くなると、脳が酸欠状態になって仕事の能率も落ちるので、焦りが出てミスも起こりやすくなります。

 

わたし達人間の身体にとって、酸素は生きて行くために必要なエネルギーなのはご存じの通りですけど、
実は、ダイエットをしようという人にとっても嬉しい効果があるんです。

 

それは、脂肪を燃焼させる燃料になるというものです。
酸素は、身体の中で体内酵素のリパーゼ(←この酵素が脂肪を分解します)を活性化させます。

 

リパーゼをしっかり働かせることがダイエットの結果に対して近道になるんだそうですよ♪

 

正しい姿勢をキープするための3つのポイント

最初は難しいかもしれませんがこのコツさえつかんでしまえば猫背の改善はとても簡単なんです。ぜひ毎日の生活に取り入れてくださいね♪

 

では見ていきましょう!

 

その@首で頭を支える『顔を下に向けない』

猫背の人に共通しているのが形の内側に丸まってしまうこと。

 

頭の重さは5キロ前後と言われています、それが前に傾いてしまうことでバランスを保つために方が内側に丸くなってしまうんです。

 

これから紹介することをすれば、内側に丸まってしまった方を自然に広げることができて、美しい姿勢と改善することが可能です!
一刻も早く感覚をつかみたい人にはオススメなやり方です。

 

朝と夜に3セットずつやることを意識しましょう!(もしも痛みを感じてしまった場合はお風呂上がりにやったり回数を減らしてやってください。)

 

  • ・四つん這いになります。
  • ・お腹をそのまま上にぐっと引き上げて背中を丸めます。(1分間)
  • ・背筋を伸ばして背中を反らせる。(同じく1分間)

 

たったこれだけです。これを朝と夜に3セットずつやる習慣をつけてください。

 

そのA正しい姿勢をキープする3つのポイント

 

リラックスした姿勢を正すために意識していきたいのが3つの腔(くう)と言われるものです。

 

  1. 口腔=ここでは、鼻の中から首までの部分をイメージしてください
  2. 胸腔=肺のゾーンのことを意識してください
  3. 腹腔=胃や腸などの内臓があるゾーンを意識してください

 

猫背の人や、背筋が張りすぎてしまっている人は、上半身が曲がって、この3つのポイントがぺちゃんこに潰れてしまっている場合があります。なので今呼吸が浅くなる傾向もあり内臓の働きも悪くなって疲れやすいんです。

 

なので正しい姿勢をキープするためにも、この3つの場所をイメージしてたくさん空気を入れる感覚でいて下さい。腔を広げるという意識を持つことが大事なことです。

 

この3つの腔を立てると、スタイルまで美しくなっていきます!

 

さらに腔を広げることで、ぺちゃんこに潰れてしまった体の立体感が再生され、体の横幅も狭くなってスリムに見えるようになるのです。

 

腹腔が潰れてはみ出してしまったウエストのお肉も、体の中に収まってスタイルよく見えます。

 

何よりこの3つの腔を立てることによって、自然と気持ち良い姿勢が整いやすくなるんです。

 

ぜひやってみてくださいね♪

 

さらに気にしたいのが、水を意識的に飲むこと

 

実は水分不足はダイエットの質を落としてしまうんです。
でも逆に、水を飲むことで代謝をアップしたり、老廃物を体外に排出してくれたりしてくれるんですよ♪

 

しかも便秘解消にも効果がありますので、まさにダイエットには効果的ですよね^^

 

目安を言うなら、1日に1.5L〜2L飲むのが効果的と言われていますが、一気に飲むのではなく何回かにわけてトータルでそれぐらい飲むのが理想です!

 

*冷たい水は体を冷やしてしまうので常温の水か白湯などを飲むようにしましょう。